インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が

インプラント埋入手術の直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、他の原因から生じることもあるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることが治療を成功させるために必要です。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。
しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはできる状況になっています。
入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。どうしても外見や噛み心地を重視する方には最適です。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごさなければなりません。日常生活でも歯に負担がかからないようにして、負荷がかかる身体運動は当分控えてください。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を毎日のように行っている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。
全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。
それにとどまらず、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども信頼できる歯科医を選ぶために必要な情報です。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、国外までも探しにいくということも考えていきましょう。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、決してあきらめてはいけません。
まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
おおむね保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。
また、定期的なメンテナンスも必要といったことも他の歯科治療と異なります。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが相当の妨げになります。この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙を決意してください。人工歯としてのインプラントは虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはずっと続きます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。自然に治ることはありませんので、至急歯科医にかからなければなりません。
簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、歯根が自分のものであるかどうかです。虫歯などで義歯が必要になるケースでも、根のケア次第で冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ