インプラント治療が難しいとされる最大の理由は

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。
その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療全体の大きな部分を占めます。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてください。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という流れは皆さん変わりません。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。ですから、インプラント治療全体ではおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。実は、かかる費用は歯科医院ごとに相当な開きがあります。なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、もしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。
義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いとは言えません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、完璧なセルフケアを目指してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。インプラントはどのくらい保つのか、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるというのが一般的な説です。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、セルフケアの手を緩めると維持できなくなる異常も起こりうるという押さえが必要です。これはインプラント治療が最適、とされるのは他の健全な歯を傷つけるのは避けたいといったケースです。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ