どんな方にもインプラント治療が良い訳では

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。
インプラント以外の治療はできないという方に適用されます。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがあるので、食事が確実に美味しくなります。重度の虫歯になってしまい、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて最終的にインプラントを選びました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたのでインプラントが正解だったと思います。
インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、それと裏腹のデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になるケースもまれではありません。そして、治療にミスや失敗があるとかなり深刻な問題が起こることもあるデメリットも忘れないでください。
障害が残るばかりか、治療が原因で死亡することも過去にはありました。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療全体を通して、相当な出費になります。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。
どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースではその数倍の出費もあることを承知しておく必要があります。
人工歯の中でも、インプラント治療はほとんど保険が適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療は保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はかなりのものです。
これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことです。ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
一本のインプラント治療にかかる費用はインプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によってかなり料金は異なります。
また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して治療に取りかかることをすすめます。ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといったインプラント本体の損傷、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。
こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはデータや口コミを集め、実績のある歯科医にかかりましょう。ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、どんなガムでも安定した噛み心地なのはけっこう大事なメリットの一つです。ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫に作られていることはいうまでもありません。もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
どんな問題がインプラント治療にあるかをいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントには主にチタンが使われており、金属ですが、磁気には反応しません。
検査で問題になることはまずありません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ