理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療ができるようになっています。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で十分調べてください。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。インプラント自体は人工歯ですが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してください。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療にかなりの危険が伴います。
こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないためきちんと歯科医に相談することが大事です。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなのでほとんどの患者さんは、手術後、多少の違和感があるといいます。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように我慢あるのみです。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、その原因を究明し、対応することが求められます。こうなれば我慢は必要ありません。
すぐに診療を受けましょう。残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告を行うときには、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が支払いの証拠となるためなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛くて我慢できないことはまずありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。チタンの他、セラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があれば治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。
インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。
標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診を受けるように言われます。
この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を見込んでおいてください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ