歯根部が損なわれていなければ

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウン治療が可能になります。
しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込む方法であるインプラントを用いた治療になります。現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
クレジットカード利用ができる歯科医院や、例えば、デンタルローンと呼ばれるような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、他の歯科治療よりも費用がかかることでしょう。
保険適用のケースはほとんどなく、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を探すというのもありえます。
インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。
寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、すぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみることをがんばってみましょう。他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響はかなり大きいというべきでしょう。一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思ってつらくても禁煙するのが正解です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ