例外はありますが、インプラント治療は普通は保

例外はありますが、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、しかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大事に保管しておきましょう。もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優位に立ちます。また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。せっかく完了したインプラント治療も終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。日々のケアが欠かせません。毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続することが欠かせません。
インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。インプラント手術の未経験者にとってかなりの痛さを想像してしまうでしょう。インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、インプラントの埋入まで行けないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院して手術することはまれです。
麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自家骨の移植手術であれば大がかりな手術を入院して受けることもあります。もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れが気になっても、舌などで触るのは止めて我慢あるのみです。
もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、ほぼ全額自費とみるべきです。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ