歯科治療の中でも、インプラント治療が難

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗してもやり直しできないことが多い点です。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再び手術を行って骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
実は、かかる費用は歯科医院や歯科医によって差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。治療が終わったところで、重要なメンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。
インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちするということにはなりません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守って完璧なセルフケアを目指してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
インプラント治療を考えているなら、最も重要なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。
一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。
このため、歯科医院を探すときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが大事だと心得てください。
近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院も当たり前のようになっていますから、真っ先に見ておきたいところです。
一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないので義歯を入れたと気づかれることはほとんどありません。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療が一番ふさわしいでしょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというケースが増えています。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ