徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラ

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件がままあるようです。
そうなる理由として、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。ひょっとして、と思ったら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのが1ピースタイプと呼ばれるもの。
そして、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。長く根気のいるインプラント治療。しかし、やっと治療期間が終わったといっても、安堵するのはまだ早いのです。
ずっと使い続けられるかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、サボらず毎日のケアを行ってください。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、とはいえ、残念ながらゼロにはなりません。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。
高い技量を持つ歯医者さんを選択することが、インプラント成功のカギといえます。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。
ですが、難点もあるということに気を付けてください。何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。
腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。
入れ歯などの方法と比べると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。
インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの熟練の技を置いて語れません。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということです。
いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。これは文字通り陶器でできた人工歯であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、歯科技工士という専門スタッフの経験と技量が影響してきます。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、金歯や差し歯と比べても高額になるというわけです。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は埋め込む所がないので使えません。
それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ